「やりたくないこと」をリスト化は、成功への近道

前回の記事では、やりたいことを宣言することで
成功に導くということをお伝えしました。

やりたいこと、挑戦すること50を宣言。【宣言する理由とは?】

2018.05.11

今回はその逆で、やりたくないことをリスト化する重要性をお伝えします。

 

意外に思われるかもしれませんが、
やりたいことを見つけるには、やりたくないことを見つけることが大切なのです。

そこで、まずはTODOリストならぬ「ノットTODOリスト」を作成しましょう!


やりたいではなく、やりたいくないをリスト化

普通はやりたいことをリスト化して、
その達成に向けて頑張るものです。

ではなぜ、やりたくないことをリスト化すると良いのでしょうか?

その理由は大きく分けて2つ理由があります。

 

気持ちがスッキリし、ワクワクする!

1つは、どんどんタスクが減り、気持ちがスッキリするためです。

始めは危機感から何かしなくてはいけないと焦ってしまいます。

しかし、やりたくないことをまとめることで

あれ、意外とタスク少ない!? これならやれそう!!

 

このような心境になります。

 

数が多いように見えるタスクも、
整理して見える化してみると「意外と少ないかも?」なんてことはよくあります。

無理をしてやるべきリストに入れてしまうと、
以下のマイナス効果になります。

  1. 作業効率が悪くなる
  2. やらなければいけないからやる
  3. 三日坊主になる

 

であるならば、最初の段階でそのモヤモヤを
スッキリさせ、やりたいことだけをやれるワクワクした日常にしましょう!

そうすることで、毎日コツコツ地道に続けるという作業から、楽しい活動に変わります。

「自分が楽しい!やりたい!」と思えるタスクは、生産性が上がりかつ継続しやすくなります。

 

本当にやらなければいけないことが見つかる

「やらなければいけない」という危機感に置かれている人は、多くの手段に手を出してしまい

最後には面倒くさくなり、三日坊主になりがちです。

ですが、客観的に見てやりたくないことを整理してゴミ箱に放り投げれば本当にやりたいこと、やらなければいけないことだけタスクとして残ります。

そうすれば、普段三日坊主に陥りやすい人でも行動に移しやすいですよね。

やりたいことリストの方が大切!
という認識の方が多いと思いますが、実は、やりたくないことリストを優先して作ることが大切なんです。

 

ちなみに、私のやりたくない、やらなくてよいことリストは・・・

  1. 無駄にお金を使わない(お金を使うものを決める)
  2. ゲームを毎日しない
  3. 簿記などの資格の勉強
  4. スケジュールを立ててまでの無理な運動
  5. 必要と判断したイベントにしか参加しない(誘われても断る勇気を持つ)・・・




他にもありますが、要は「自分にとってためになるもの」しかやらないスタイルです。

私みたいな凡人はいろんなものに手を出していては、楽しく生きていけないような気がします。

ここで大切なのが、切り替えです。

何かに追われるだけでは楽しく生きていけませんからね。時にはリラックスしながらタスクに取組みましょう!!

 

【オススメビジネス本】

TODOリストは主に仕事で使うものですが、日常生活でも上手く活用することができれば、自分の夢実現に大きく貢献します。

まずはビジネス本を読み、TODOリストはどのようなものなのかを確認しましょう!

The following two tabs change content below.

ヨッシー

金沢在住の学生です。主にキャリア・幸せな生き方について投稿します。 キャリアサイトのライター・ブロガー・コピーライターとして活動中。 将来は、幸せを提供する店の経営・ライティング講座の開設・ヘルスケアの提供が目標。 ご依頼は「活動内容・仕事内容」まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

金沢在住の学生です。主にキャリア・幸せな生き方について投稿します。 キャリアサイトのライター・ブロガー・コピーライターとして活動中。 将来は、幸せを提供する店の経営・ライティング講座の開設・ヘルスケアの提供が目標。 ご依頼は「活動内容・仕事内容」まで