低学歴でも就活で内定を取れる行動!


「どうせ低学歴だから内定もらえない・・・」

そう感じている学生がいるのではないですか?

学歴コンプレックスを感じている学生は確かに多くいます。
第一志望の大学に入れなかったり、
自分の頭の悪さを悔やんで大学自体にマイナスのイメージを持っている人もいますよね。

でもご安心ください。
例え低学歴でも内定を取ることはできます。
また、学歴よりも重要なことはいくつも存在します。

今回は、私の実体験から低学歴でも内定を複数社取ることができる行動をお伝えします!



学歴コンプレックスから内定獲得

ここで私の実際に内定を獲得した経緯をお伝えします。

大学2年次の私は、とにかく挑戦に飢えていました。大学生活を一年間過ごしてみて、

このままではやばい...

「大学でただ遊んでいたら、お先まっくらだ」

 

という危機感にいつも追われていました。
(今もそうです。)

そんな時に学生団体に入ったり、
学外のイベントに積極的に参加したり、
海外に行ったり、
そして長期実践型のインターンをやったり...

とにかく挑戦的でした。

なぜ行動をし続けたのかは、自分に革命を起こし、幸せになるためです。

充実した人生、後悔のない大学生活を送るためには?~挑戦する理由~

2018.04.23

 

POINT!
現状を打開するために、即行動!!

 

 

現状を打開する行動を

「低学歴だからどうせ内定取れないよ・・・」

そんな考えではいつまでたっても内定を取れません。
かつ勿体ない考えです。むしろ低学歴だからこそ行動するべきです。

 

高学歴の方は少なからず余裕があります。

私の経験則ですが高学歴の大学には、自分は高学歴だから遊んでも大丈夫という考えの学生が多いです。つけ入る隙はそこにあります。

高学歴の学生に就活で勝つ方法、それが圧倒的な行動です。
圧倒的な行動から得られる経験は学歴を関係なくさせます。

就活という場で勝ち抜くためには、圧倒的経験が有効だと言えます。

POINT!
就活で勝ちたくば、圧倒的な経験を!

 

 

長期実践型インターンとは?

では圧倒的な行動とは、具体的にどのような行動なのでしょう?

私が大学2年次の2月に学生団体での繋がりから、長期実践型インターンと出逢いました。
そのプログラムのコーディネーターの方に話を聞いてみると、

コーディネーター
他の学生には経験できない、圧倒的な経験をすることが出来る!!

 

と言われました。

この言葉を聞いた時から、
「あ、これは必ずやるべきだな」感じましたね。

 

また、以下の要素を持っていたため即決でインターンにエントリーしました。

  • 内容が新規事業開拓という、普通の学生では難易度が高いビジネス
  • 行っている事業が自分の関心のある分野
  • 営業・マーケティングができる etc...

 

結果は無事採用。
圧倒的危機感からの圧倒的行動が圧倒的経験に繋がり、最終的には就活で希望の会社から内定を頂くことができました。

 

POINT!
やりたいことが見つかれば即決断!

 

【参考】
>>>私が参加した長期実践型インターシップとは?


 

失敗を恐れず挑戦を

長期実践型インターンは、
やはり始めから上手くはいきませんでした。

このインターンの内容をまとめると

  • 6か月間で新規事業開拓
  • そのための営業、マーケティング、商品開発
  • 営業資料作り

 

他にもいろいろあるのですが、
とりあえずはこれだけを挙げておきます。

 

新規事業の開拓ですので、まずはニーズを探さなくてはいけません。
アンケート、飛び込み営業・テレアポを200件など、とにかくニーズ調査を徹底的に行いました。

そんな中、開始一か月目で早々に失敗してしまいました。

それは、報連相の面での失敗です。

この報連相の失敗談はあまりにも深いので、また次回の記事でお話致します。
写真で表すと、こんな感じの呆然とした状態が10回以上は繰り替えされました(笑)

成果が出始めたのは4か月目から。

それまではニーズ調査で無駄な時間を使い過ぎており、営業が上手くいかない時期が続いていました。
(なにより大学との両立が難しかった・・・)

春休みの2か月間は毎日朝から夕方まで仕事が出来ましたが、学期に入ってからは週3で1日3時間程しか働けませんでした。

 

そんな中でも、コーディネーターの方や社長と何度も話し合い、ぶつかり合いました。

なんとか4か月目で営業の成果が出始め、
最後の2か月で盛り返し最終的には目標としていた企業獲得数よりも上回る企業から契約を取ることが出来ました!

このやり遂げた経験は、何事にも変えられない、圧倒的な自信になりました。

 

まとめ

お伝えしたいことは「失敗を恐れずにやり遂げる」ということ。

失敗はもちろん怖い。
ですが、その失敗を前向きに捉えることができればどうでしょうか?


「失敗しちゃった…もうだめだ」

よりも

「失敗きた!これ乗り超えれば成長できる!」

 

と考えた方が楽じゃないですか?

 

マイナスに考えてたら次への行動のスピード、
そして質が悪くなります。
失敗することから学ぶことは多くあります。

であるならば、失敗がある程度許される学生時代にいろんなことを経験して、失敗して、乗り超え、
幸せな将来のために頑張って、成長すればいいとは思いませんか?

 

誰でも失敗から始まります。
始めから上手くいく人なんていません。

イチローも、本田圭佑も、金メダリストも、ノーベル賞受賞者も、誰もが数々の失敗を繰り返し、めげずに改善を繰り返して成功を手にいれたのです。

長期インターンについては書ききれないほどの思いがあるので、詳しくは今後投稿していきたいと思います。

それでは、ご覧くださり有難うございました!

The following two tabs change content below.

ヨッシー

金沢在住の学生です。主にキャリア・幸せな生き方について投稿します。 キャリアサイトのライター・ブロガー・コピーライターとして活動中。 将来は、幸せを提供する店の経営・ライティング講座の開設・ヘルスケアの提供が目標。 ご依頼は「活動内容・仕事内容」まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

金沢在住の学生です。主にキャリア・幸せな生き方について投稿します。 キャリアサイトのライター・ブロガー・コピーライターとして活動中。 将来は、幸せを提供する店の経営・ライティング講座の開設・ヘルスケアの提供が目標。 ご依頼は「活動内容・仕事内容」まで