差をつける!今からやるべき就活対策 ~インターンシップ~

前回の記事では、大学3年生のやるべき 就活 対策その1として、自己分析と業界研究・企業研究が大切だということを示しました。

差をつける!今からやるべき就活対策~自己分析・企業分析~

2018.05.07

今回はその2として、インターンシップについてお伝えしようと思います!


インターンシップって必要?

結論から言うと、必要です。

理由は3つあります。

職業、会社について理解を深められる

他大学の学生と触れ合える

内定に繋がる

 

インターンシップとは・・・

「企業に学生が訪問し、就業体験を行う」

 

内容は、会社説明や職業体験、職場見学、社員さんとの懇談会などです。

このような体験をすることにより

・自分が好きな働き方は何か

どういった企業文化なのか

・どのように働くことが出来るのか

会社に訪問しないと分からないことを知ることができます。

 

企業の雰囲気や、社員さんの人柄に惹かれて入社する人もいるのでそういった意味でもインターンの大切さが理解できますね。



また最近は、企業様が独自にワークショップを行い、

仕事のこと以外にも社会で役立つスキルを身に着けられるよう、学生に配慮してくださっています。

 

 

内容は、模擬業務体験やグループディスカッション体験が主なものです。

大学で普通に生活していては触れ合うこのがない他大学の学生とこのような体験を通して高め合えることができるので、大変魅力的なプログラムですね。

 

また、そのワークショップや職業体験で目立つことができれば

企業様からお声がけいただくことも最近は増えてきましたね。中小企業ならばなおさら顕著です。



このように、採用に関してもインターンは重要なものになってきていますし、

近年はインターンに行かない学生の方が少なくなっています。

学生全体の参加率は7割を超えています。

みんなが行っているから行こう!という訳ではありませんが、他の学生に差をつけられないようにするためにも、是非参加しましょう!

 

長期インターンシップで圧倒的な経験を!

普通の1dayや1週間のインターンの他にも、3か月や6ヶ月の長期インターンがあります。

企業様に訪問して就業体験をすることは変わらないのですが、期間が圧倒的に違いますよね笑

 

長期のインターンでは、より実践的に仕事を”行います”。

体験するのではなく、行うのです。

まさに企業の即戦力として社会で働くことになるので、何物にも代えがたい経験と成果、やり遂げる力が身に付きます!

 

私が挑戦した長期実践型インターンの内容は以下の記事に書いてあります。

低学歴でも就活で内定を取れる行動!

2018.04.25

短期のインターンで企業や業界について知ることも大切ですが

長期のインターンを経験して圧倒的な差をつけるのも一つです!!

 

The following two tabs change content below.

ヨッシー

金沢在住の学生です。主にキャリア・幸せな生き方について投稿します。 キャリアサイトのライター・ブロガー・コピーライターとして活動中。 将来は、幸せを提供する店の経営・ライティング講座の開設・ヘルスケアの提供が目標。 ご依頼は「活動内容・仕事内容」まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

金沢在住の学生です。主にキャリア・幸せな生き方について投稿します。 キャリアサイトのライター・ブロガー・コピーライターとして活動中。 将来は、幸せを提供する店の経営・ライティング講座の開設・ヘルスケアの提供が目標。 ご依頼は「活動内容・仕事内容」まで