Webマーケティングの基礎知識−広告の種類を理解しよう−

「 Webマーケター」という職業を最近耳にすることが多くなってきたように思います。

特にTwitter上では、フリーランスや企業で活躍しているマーケターが発信を行なっており、その働き方に関心を持つ20代も少なくありません。

この記事では、Webマーケティングの基礎知識「広告の種類」を初心者でも分かりやすいように端的に説明します。

以下に当てはまる方は、この記事でWebマーケティングに触れてみることをオススメします。

  • スクールで学ぶ前にWebマーケを勉強してみたい方
  • Webマーケがどのようなものか知りたい方
  • ブログ運営で副収入を得たい方
  • 広告の種類について端的に知りたい方

 

Webマーケティングとは?

Webマーケティングとは

まずはマーケティングについてご説明します。

端的に説明すると「サービスや商品を効率よく販売するための施策」です。

私たちが生活で触れているサービス・製品は、マーケティングを通して私たちが認識し、関心を持ち、購入に繋がります。CMやチラシが身近なマーケティン手法ですね。

 

ではWebマーケティングは一般的なマーケティングと何が違うのか?

本質的なモノを売るための施策であることは変わりませんが、Webマーケはその名の通り、Webを通して見込み顧客(私たち)に周知させる施策です。

その際に利用されるのが、広告です。具体例を見てみましょう。

ヤフーに掲載されているWeb広告

こちらはヤフージャパンのトップページなのですが、ご覧のようにPayPayモールの広告がピックアップの部分に掲載されていますよね。これが広告です。

ただ、広告にも種類があります。この広告はバナー広告という種類に分類されます。

 

Webマーケの広告は4つの指標に区分される

4つの広告指標

広告の種類を説明する前に、どのように種類が分けられるのかをご説明します。その方が理解もし易くなりますので、指標の特徴も理解しておきましょう。

 

広告指標①:マス

▶︎若者、ビジネスマン、主婦、ご高齢の方など、老若男女問わず広いユーザーに対しての広告

 

広告指標②:ニッチ

▶︎マス広告とは異なり、「20代ビジネスマン」など特定のユーザーに対しての広告

 

広告指標③:レスポンス

▶︎Webサイトからの申し込みや購入・問い合わせなどといった潜在顧客からのアプローチを目的とした広告

 

広告指標④:ブランディング

▶︎レスポンス広告とは異なり、認知度アップや知名度アップを目的とした広告

 

端的に説明しましたが、認識はこれだけで十分です。ではこれを頭に入れて、広告の種類を見ていきましょう。

 

Webマーケの広告には数多くの種類がある

ホワイト
どれだけ広告の種類があるの?それぞれの特徴は?

広告の種類は数多くそれぞれ特徴も違うため、今回は代表的な3つの広告を紹介します。

普段から馴染みがある広告ばかりなので、理解するのは難しくありません。気楽に読み進めてください。

 

広告種類①:純広告・バナー広告

▶︎特定のメディアに安定的に表示できる広告

先ほどお見せしたヤフージャパンの広告が良い例です。

掲載できる期限が決まっており、掲載にかかる費用も高いことから、利用する企業や団体は減ってきています。

 

広告種類②:リスティング広告

▶︎検索結果の画面に表示される広告

皆さんがあるワードで検索した時、検索窓の下に広告が表示されているのを見たことがありませんか?

リスティング広告

例えば、「Webマーケティング」で検索した時に、有名オンラインスクール「TechAcademy」のWebマーケティングコースの広告が掲載されていますよね。

これはTechAcademyが受講者を集めるために、Webマーケティングで検索したユーザーに対してオンラインスクールがあることを示している広告です。

関心がある潜在顧客に対してアプローチできるのがリスティング広告の特徴です。

安価で始めることができるため、利用企業が増えているようですね。

 

広告種類③:Facebook・Twitter広告

▶︎ユーザーデータ(属性・興味関心など)を利用した広告

よくTwitterやFacebookを何気なく眺めている時に「あ、この商品前にAmazonで見てたんだよな」ということがありませんか?

このように、ユーザーが以前に閲覧していたモノや、興味関心がありそうだとデータから分析した広告を表示させるのがFacebook・Twitter広告です。

 

どの広告が一番CVに繋がるかを考えるのがWebマーケティング

CVを効率よく得るのがマーケティング

紹介した広告は3つだけですが、他にも数多く広告はあります。

その広告をいかに効率よく運用してCV(自分が求める成果)に繋がるのかを考え、運用し、分析し、また実行する。これがWebマーケティングの基本です。

 

マーケターは頭を使う仕事で、数字と常に対面する仕事なので向き不向きはあります。

ただ、マーケティングはいわばビジネスの基本ですので、マーケティング思考を身につけることができれば、いかなる仕事でも成果にコミットできる力を持つことができるでしょう。

キャリア選択に悩んでいる大学生や、転職を考えているサラリーマンの方は、Webマーケティングを勉強することをオススメします。

Webマーケティングを学ぶのであれば、先ほど少し触れたTechAcademyのWebマーケティングコースが有名です。オンラインスクールですでの、都会にいなくてもオンラインでいつでもどこでも学ぶことができますよ。

 

まとめ:Web広告の4つの区分と3つの種類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です