SPIの勉強はしなくてよい!? 筆記試験の実態とは

これまで就活に関する投稿をしてきましたが、
意外と気になる採用試験が筆記試験。

SPIと言われる筆記試験がノーマルですが、実は他にも筆記試験があるのです。

筆記試験は案外簡単そうに見えて、意外と難しくかつ重要度が高いなんてことも・・・

今回は皆様の筆記試験に対する不安や疑問にお答えしていきます。



筆記試験の種類

採用試験の中には、
書類審査・適正試験・筆記試験・面接・GD(グループディスカッション)があり、殆どの企業に適用されています。

その中で筆記試験、つまり学力を見る試験があります。

詳しく見ていきましょう。

 

SPI

有名なのがSPIという問題形式です。
内容は、言語・非言語の試験ですね。

高校生レベルの内容なので、1年生から勉強していればほぼ問題ありませんが、
3年生の今からでも十分に間に合います!

簡単に解説すると

言語分野・・・言葉の意味や話の趣旨を的確に捉える能力を測るもの

非言語分野・・・数的な処理、論理的な思考を測るもの

 

このような能力を測る試験だということです。

 

TAP

TAPの中にも3種類のタイプがあります。

総合タイプ・・・数学などの能力試験と成果う試験から構成されている

性格タイプ・・・性格試験のみ

短縮タイプ・・・総合タイプの短縮版

 

主に数学の出題が多いのが特徴です。
また、問題は大学レベルなので筆記試験の中でもレベルが高いものになります。

主に、飲食や金融業界の採用試験に使われていますね。

 

GAB

GABは言語、非言語に加え、
マネジメント適性を見る筆記試験です。

言語理解

計数理解

パーソナリティー

 

問題は難易度が高いため、対策が必須と言えます。
主に、コンサル業界に適用されています。

 

パソコンで行う試験も

その他にパソコンで行う試験もあります。
内容は論理的読解、趣旨判定など少し特殊な問題ですね。

筆記試験ではないですが、
主にベンチャー企業で使われている採用試験なので、ベンチャー志望の学生は対策をしておきましょう。

 

玉手箱

正確さとスピードが求められる試験です。

ベンチャーから大手企業まで幅広く適用されているため、どの企業志望でも一度練習しておくといいでしょう。

知的能力

パーソナル能力

 

慣れれば容易に解くことができますが、慣れるまではやや難しい試験です。
そのため、100点を取ることは難しいと言っていいでしょう。

しっかりと参考書で対策をしてから臨みましょう。

 

重視されるのは人間性。筆記で落とされる人は少ない!

SPIについて説明しましたが、
実はそこまで重要ではないというのが、私の経験からの考えです。

私は大学1年生の時から
SPIの勉強をしていました。実際早めにやっておいてよかったと思っています。

ですが同時に

「これ、勉強必要なのか?」

とも思いました。

 

事前に勉強していてスラスラ解けたから簡単に感じた訳ではありません。
私は本番で結構失敗していました。


「前にやったところなのに解けない・・・」

「これ、落ちるんじゃない?」

 

こんなことが筆記試験のたびにありました。

でも、筆記試験は通ったんです。

なぜかと考えた時に、1つの結論に至りました。
それは、筆記重視ではなく、人間性重視ということです。

 

面接や適性検査の方がよっぽど大切

企業さんは何を重視しているのかというと、
その人の人間性です。

会社に入って活躍してくれそう!

この人と一緒に働きたい!

素直で勉強熱心だ!・・・

 

これらのことは学力の数字では知ることができませんよね。

では何で人間性を見るのか?勿論、面接や適性検査です。

 

適性検査・・・その人の性格、行動の形などの人間の部分を見るもの

面接・・・主に1対1、2対1、もしくは集団面接で志望動機や長所・短所、何がしたいのかなどを聞き、 最終的に合否を判断するもの

 

この2つの試験から、会社に入社させたいかを判断します。

つまり、筆記試験よりも面接対策が重要というとことです。

 

筆記試験は足切りの手段!?

後輩くん
じゃあ筆記試験はなんのためにあるんですか?

 

以前に後輩から聞かれたことです。

皆さんの中にも疑問に思われている方がいらっしゃると思います。

筆記試験はそこまで重要ではないとお伝えしましたが、それは中小企業やベンチャー企業の場合です。

いわるゆる誰でも名前が知れている大手企業は筆記試験で足切りをしているのが実態です。

なぜかと言うと、大手企業には募集が殺到します。何千人も面接やGDするのはさすがに難しいです。

そこで活用されるのが、筆記試験。

筆記試験であれば、
基準の点数に満たさない学生を一気に落とすことができ、人数をぐっと絞ることができます。



まとめ

いかがでしたでしょうか?

納得のいかない方もいらっしゃると思います。

ですが、落とされたくなければ勉強するしかないのです。

就活という一瞬にも一生懸命に頑張れない人は必要ない、というのが大手の考えなのかもしれませんね。

 

もちろん中小でも筆記試験を
重要視している企業もあります。油断はしてはいけません。

就活という長くて1年ちょっとのこの時期を一生懸命に頑張ることができる学生だけ、希望の会社にいけます。

辛いこともありますが、この一瞬を必死になりましょう!


The following two tabs change content below.

ヨッシー

金沢在住の学生です。主にキャリア・幸せな生き方について投稿します。 キャリアサイトのライター・ブロガー・コピーライターとして活動中。 将来は、幸せを提供する店の経営・ライティング講座の開設・ヘルスケアの提供が目標。 ご依頼は「活動内容・仕事内容」まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

金沢在住の学生です。主にキャリア・幸せな生き方について投稿します。 キャリアサイトのライター・ブロガー・コピーライターとして活動中。 将来は、幸せを提供する店の経営・ライティング講座の開設・ヘルスケアの提供が目標。 ご依頼は「活動内容・仕事内容」まで